WEB完結おすすめネットキャッシングとは?

毎日の生活で必ず必要になるのがお金です。
日常的に切り離せないお金の問題、できれば賢く付き合っていきたいものですね。
生活に必要な現金との付き合いは、使うことばかりではなく生み出すことも重要になります。
お金を生むには働くか借りるかの2通りの方法があります。
本記事では時代に即したお金の借り方を解説していきます。

お金は『借りる』時代

誤解をしないで頂きたいのが、これはなにもお金を借りまくれ!という意味ではありません。
昔に比べて借金をすることが不利になりにくい時代であるということです。
ずっと以前、金利の高い時代においては、預金や貯金がお金を生む行為ですらありました。
低金利の現代、借金とは元手を得てお金を生み出す攻めの姿勢に不可欠な武器と言えるのです。
勝負事に強みとなる武器は不可欠。
しかも現状のシステムを上手に使用して賢い借り方ができれば言うことはありません。

お金を借りる=キャッシングとはどのようなものか

そもそも現在は、借金というよりもキャッシングという言葉の方が一般的です。
前の項目で触れましたが、単に借りるというよりは有効活用するための元手という意味合いが持たれているのですね。
融資や借入れなど様々な言い方はありますが、後述する説明とリンクするためにもキャッシングという単語を使わせて頂きます。
さてそれではキャッシングにはどのようなものなのでしょうか。
事業ローンや住宅ローンなど使用目的が明確(限定)化されたものや、日常的に必要となる生活費や遊興費など用途を限定されないものでそれぞれ異なります。
しかし個人として保証人や担保を必要としないお金の借り方は、銀行・消費者金融・クレジット会社などの金融機関が取り扱うカードローンが主なものとなります。

カードローンはインターネット経由がおすすめ

今回は時代に合わせたお金の借り方という話から始めましたが、インターネット経由のキャッシング、いわゆるネットキャッシングがまさにこれに当たります。
パソコン・スマホが当たり前のものとして普及している現代、煩雑な手続きが必要なものはどんどんネット上で行われるものとなっています。
カードローンも例外ではありません。
作成時に審査の終わっているクレジットカードのキャッシング機能は別として、銀行でも消費者金融でも必ず融資の前に審査手続きが必要となります。
店頭窓口へ行き、複雑な申込用紙に書き込み、係員とのやり取りを行う従来の方法。
しかもその間あいだに移動や待ち時間が発生します。
それら全てをネット上で完結できるうえに新たなリスクが発生するわけでもありません。
こういったシステムを賢く利用することこそが、現代的なキャッシングとなります。

ネットキャッシングの方法と流れ

それでは実際ネットキャッシングを行う際の具体的な流れを解説していきましょう。
大きく分けると4つの段階がありますので、それぞれ説明していきます。

1.金融会社HPからの申し込み

まずは金融会社の公式HPへアクセスしてください。『カードローンの申し込み』アイコンがあるはずです。クリックすると自身の情報を入力する項目が出てきます。内容は住所・電話番号・持ち家であれば住宅ローンの有無・借家であれば家賃・勤務先・年収などが挙げられます。すべて入力を完了すると、本人確認の電話が先方からかかってきます。イタズラ防止に必須となるため、必ず出るようにしましょう。

2.審査の結果連絡

申し込み完了からすぐに、金融会社がローン審査を行います。1で入力した年収やローンの有無などから合否が判断され、先方から連絡が入ります。この連絡は電話かメールを選択することができます。申し込み時や本人確認の際に選択できますので、お好みの方法を選んでおきましょう。金融機関にもよりますが、審査は早ければ30分〜1時間で完了することもあります。スマホの持ち歩きやメールの通知を忘れないようにしてください。

3.必要証明書の提出

めでたく審査に合格すると、必要証明書類を提出するよう依頼が来ます。この時必要なものは大きく2つ、『本人証明』と『収入証明』です。『本人証明』は運転免許証・健康保険証・パスポート等が使用できます。『収入証明』は源泉徴収票・給与明細書・住民税決定通知書・課税証明書等です。マメ知識ですが、直近の賞与明細書をお持ちの方は併せて提出しておきましょう。返済能力が高いとみなされ、高めの限度額が設定されることが多いです。
書類の提出に関しては、スマホのカメラを使用して写真撮影を行い、データをアップロードすることで完了となります。郵送やFAXでの提出ももちろん可能ですが、時間も経費もかかるため、ここも現代風に行いたいものです。

4.融資の実行

書類の提出が済み契約が完了すると、この時点で融資を受けることが可能となります。実際に現金を受け取る方法は『ATMでの受取』と『銀行振込』の2通りあります。
大手の消費者金融が設置している無人契約機にはローンカードを発行する機械が併設されています。このローンカードを発行すれば、銀行やコンビニのATM機械からいつでもキャッシングを行うことができるようになります。
キャッシングまでを全てネット上で完結させるには、銀行振込を選択するとよいでしょう。ローンカードを受け取る必要なく口座へ振り込まれるため、自宅や事務所から外出することなくお金を借受けすることができます。

ネットキャッシング|あとがき

いかがでしたでしょうか。現代において個人融資を受けるには、webを利用したネットキャッシングが適していると考えられます。
融資完了までの時間や借入れ限度額、金利などを考慮すると消費者金融のカードローンが一番幅広く状況に対応できるかもしれません。
消費者金融は大小様々な会社が存在します。
なるべく大手の信用度が高い会社を利用しましょう。
ネットの分かりやすさや専用アプリの有無などから、おすすめはプロミス・アコム・SMBCモビットの3社となります。
カットできる手間はカットし、利用できる便利なシステムはなるべく使い、賢いお金との付き合いをしてくださいね。